島村楽器 京都カナート店 シマブロ

島村楽器 京都カナート店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ギターキャラバンが楽しみ過ぎて夜も眠れない Vol.7

     f:id:shima_c_kyoto:20170520205336j:plain
どうも、みなさん こんにちは!
ギター担当の森下です。
ギターキャラバン開幕2日目!!
今日もすってきー⤴⤴なギターをご紹介しまーす!


























え?
ハイ。牛乳です!

最近ちゃんとカルシウム摂れてないので!

それでは5/22(日)ギター担当森下がおおくりします
ギターキャラバンが楽しみ過ぎて夜も眠れない Vol.7』
はじめまーす!
もしブログを見て気になるギターがあれば、試奏だけでも大歓迎ですので是非お店まで遊びに来てくださいねー!
バックナンバーはこちら↓
kyoto.shimablo.com
kyoto.shimablo.com
kyoto.shimablo.com
kyoto.shimablo.com
kyoto.shimablo.com
kyoto.shimablo.com


では、今日ご紹介するギターはこちら!!

Michael Kelly Guitars CC60V-VW(ズッゴォーーーン)

f:id:shima_c_kyoto:20170520205357j:plain
まず
Michael Kelly Guitarsって皆さん知ってますか?
僕は正直このギターがくるまで全然知らなかったので、ちょっと調べてみました!

Michael Kelly Guitarsとは

Michael Kelly Guitarsは1999年設立したアメリカのケンタッキー州にあるギターメーカーだそうです。
ギターメーカーの歴史としてはまだ20年に満たない若いメーカーですが、アコギ・エレキ・ベース・マンドリンまで、多くの種類のギターを手がけています。
元ガンズ&ローゼスのダフマッケイガンが使っていたDragonflyというアコースティックベースで人気を博しています。
f:id:shima_c_kyoto:20170521104854p:plain
↑昨年のNAMM Showで紹介されたDragonfly 5
インレイが・・すごいことに・・!
特徴はゴージャスで高級感あるボディ及びヘッド。
さらにそれが非常にお財布に優しい価格で販売されているところも見逃せないところです。
アメリカではほとんどが1000ドル(1ドル=110くらいと考えると11万円)前後で売られているそうです。
また、楽器業界で多大な功績を上げた革新的作家である、あのリック・ターナー氏とのコラボレーションモデルを発表したり、実は今かなりキテるメーカーです!
では今回ギターキャラバンにやってきたMichael Kelly GuitarsのCC60V-VWというギターをご紹介します!

CC60V-VW

f:id:shima_c_kyoto:20170520205418j:plain
ヴィンテージホワイトカラーにホワイトピックガードという驚きの白さ!
しかもよく見かけるクリーム色というよりかなりホワイトに近いカラーリングですね~~。













・・・・・ん!?・・・・・













Emergency






Emergency





Emergency





Emergency






マズいッ・・・!!これは非常にマズいデスヨー!!


何がマズイかって!?




この世で『最も白い』と生まれて27年間、信じてやまなかったホワイトオブホワイト
f:id:shima_c_kyoto:20170520205336j:plain
『牛乳』より白いのではないか!?



重大な危機だと思い、すぐさま比較してみた。。
f:id:shima_c_kyoto:20170520205357j:plain
f:id:shima_c_kyoto:20170520205336j:plain




f:id:shima_c_kyoto:20170521113806j:plain
f:id:shima_c_kyoto:20170521113651j:plain





・・・・・・









よく分からない。。。っすね・・・。(汗








と、とにかく、写真上ではなかなか説明できない、ただのヴィンテージホワイトではない感じです!
ぜひ店頭にてお確かめください!!

さて、本題のこのギターの特徴ですが

森下の主観ですが
ストラトなのにわりと太い感じだと思いました!
サスティーンがよくのびます。
ストラト特有のチャキッとした感じより、芯のあるチャキチャキ感というのでしょうか。
なかなか言葉で表すのは難しいですが、そのように感じました!!

ボディバックがカッコいい

ご覧ください!!
f:id:shima_c_kyoto:20170520205431j:plain
バックプレートがめっちゃカッコいい!!
さらに、写真でもわかるように立って弾く時にも体に当たって痛くないよういい感じに削りが入ってます!
海外のギターではあまりこういうところまで、気を使っているメーカーは少ないような感じがします。


さて、いかがだったでしょうか!?
MichaelKellyGuitars CC60V-VW
聞いたことがないメーカーや見たことないギター弾くのってワクワクしますよね!
ぜひ、店頭にて試奏してみてください!!
次回Vol.8は嵩(だけ)にバトンタッチ!どの楽器が紹介されるのか!?
お楽しみに!!

この記事を書いた 森下です

f:id:shima_c_kyoto:20170517220804j:plain
担当
エレキギターアコースティックギターエフェクター・ラーメン



www.shimamura.co.jp

お問い合わせ

店舗 京都カナート店
電話番号 075-707-0808
担当 森下
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.