島村楽器 京都カナート店 シマブロ

島村楽器 京都カナート店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

古都だより ~だけくんのOOってなに?Vol.3

こんにちは!本日は台風と共に京都カナート店に上陸しております。嵩(だけ)です。
台風ということで室内に籠っている人も多いのでは?
そんなあなたに向けて、今日は更新しま~~す!

古都だより ~だけくんの○○ってなに?

f:id:shima_c_kyoto:20170606202032j:plain
こちらのコーナーは、僕が普段感じた疑問をブログの中で解決して最後に僕なりの答えを出すというコーナーになります!
皆さんご存知だろうなという内容からこれは知らなかったでしょう!という内容までお届けできたらなと思いますので良かったらチェックしてくださいね~~!
さて今回の僕の疑問は!

コンデンサーってなに?

ズバリ!!こちら!ギターを始めて半年、一年たってくると色々なスタイルに枝分かれしていきますよね。
毎日引きこもって鬼のように練習し出す人、テクニカルなのは諦めてパンクロックを始める人、
ギターの改造にひたすらハマり出す人、エフェクター等の機材にひたすらハマり出す人!等々!!
色々ありますがコンデンサーとは「ギターの改造にひたすらハマり出す人」がだいたい始めに交換するエレキギター内部の電子部品ですね。
かく言う私も変えたことあります。ハンダ付けさえできれば簡単に変えれる部分でもあるんですよね~
さらに、簡単に変えれる割りにはサウンドへの影響は「大」です。逆に言うとギターとの相性も大きいので変えてみるまで
どんな音になるのかがわからないというところが怖いというか、楽しいというか。
この文章を読んで怖いというよりもちょっとワクワクしたあなた。素質ありますよ~。

コンデンサーってこんなの!

f:id:shima_c_kyoto:20170704181309j:plain
f:id:shima_c_kyoto:20170704181325j:plain


これ、エレキギターの内部を開けたことある人なら見たことあるよね!
簡単に言うと電気をコントロールするためのパーツなんですよね。もちろん、ギター以外の電化製品にも使われてますよ!
基本的にギターの内部配線では、toneをコントロールするPOTの部分につけられています。
コンデンサーにはそれぞれ㎌(マイクロファラド)という数値があり、その数値が高い程より低い音がアウトプットされるようになり、toneツマミの効きも激しくなるんです。逆に数値が小さいと低音が少しカットされる分、高音がキレイに出るというイメージですね。
一般的には、ハムバッカー搭載のモデルには0.022㎌が、シングルコイル搭載のモデルには0.047㎌が搭載されてますね。
ハムバッカーだと数値が大き過ぎると低音が出過ぎてブーミーな音になってしまう、シングルコイルだと数値が小さすぎると耳に痛い高音が出るようになることが多いってことですな!?
ちなみにあくまで「一般的」にはです。「一般的」という言葉、「改造にひたすらハマり出す人」にとっては言われたくない言葉です!(僕も過去にはそうでした!笑)
そんな方にオススメ!0.01㎌から0.1㎌まで、あるんですよ~~まぁ、つけてみないとどうなるかはわかりませんが!

さらにこちら、㎌以外にもコンデンサーの種類というのもあるんです。さぁここからは次回に続きましょ~~!
次回はコンデンサーの種類から再開します!では、お楽しみに~!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.