島村楽器 京都カナート店 シマブロ

島村楽器 京都カナート店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

6/24(日)Digiland CREATORS 作曲ワークショップ 開催レポート

こんにちは、京都カナート店DTM担当・香西です!
6/24(日)に開催しました「Digiland CREATORS 作曲ワークショップ」が終了しましたのでレポートいたします!この日は2名の方に参加していただきました!前とは少し違った感じの曲が完成したので是非聴いてみてください!
それでは、レポートいってみましょう!!

作曲ワークショップとは?

このイベントは、参加者の皆様にアイデアを出せるだけ出していただいて、その中から作りやすいもの、面白そうなものをピックアップし、それらを基に簡単な曲を作ってみましょう!という内容です!
ブレインストーミング的な方式で、出てきたアイデアをどんどん発展させていき、質より量を重視して思いついたものは全部書き出していきました!
f:id:shima_c_kyoto:20180624201713j:plain
おおぉ?また何やら難しそうなワードが出てきましたね。特に序破急なんかは普段ポップスやロックを中心にやっていると、ピンとこ来ない人が多いのではないでしょうか?
ちなみにこの作曲ワークショップも5回目の開催となりますが…以前から「四つ打ち」のチョイスが続いており四つ打ちワークショップ状態になっていたので、たまには違うものを作りましょう!ということで今回は禁止させていただきました!

制作スタート

まずは曲のテイスト。どういう曲調(ジャンル)にするかという話で、ロックとチルアウトという音楽性が大きく違った2択になったのですが、とりあえずアコースティックドラムの音源を立ち上げてロック系にしてみましょうということでスタートしました。「テンポはちょっと早めの曲がいいかも」という意見もあったので、BPMは150~160で探ってみました。
曲のキーはAmに設定し、コード進行はシンプルに4→5→6という流れにしました。ドラムとベースを打ち込んで土台が完成です!
f:id:shima_c_kyoto:20180625120503j:plain
次はギターでリフを考えていきます!スケール上の4度・7度の音を抜いた「ヨナ抜き音階」を使って、できたリフを別の楽器とユニゾンさせる、ということでここで分担作業です。
ギターのリフを僕が考えて、ユニゾンの音のチョイスを参加者の方にお任せしました。シンセ音など色々試した結果、ここではバイオリンを使うことになりました。
f:id:shima_c_kyoto:20180625123920j:plain
イェ~イ
こんな感じでゆる~い雰囲気で制作してました。
ある程度形になってきたところで、楽曲の構成について話し合うことに。
曲の冒頭をゆったりした感じから入って、徐々にテンポを上げていって最後にロック系のドラムで盛り上がる流れが良いかも、という意見が出たので、ここで最初に出たチルアウト風のフレーズを作ることになりました!
f:id:shima_c_kyoto:20180625182336j:plain
とりあえずそれっぽいリズムパターンとパッド音で雰囲気を作ってみて、先に考えていたベースやリフを乗せてみました。
…あれ?これはこれでいい感じにまとまっているのでは…?




完成作品はコチラです

soundcloud.com
ということで、「最初のロックドラムどこ行ったん!?」となってしまいましたが、紆余曲折を経て今回はチルアウト風の曲に仕上がりました!
冒頭にも出てきた「序破急」ですが、これはテンポが緩やかに上がっていき、ラストで一番速くなりその後元のテンポに戻るという手法です。BPM100からスタートし、一番速いところで160まで上がりました。テンポが速くなったり歪んだギターの音が入っていたりするので、純粋なチルアウトとは違いますが、こういう変わったアプローチで曲ができるのも面白いですねー。
ギターもテンポチェンジに合わせて録音したのですが、リズムがぶれてしまって結構難しかったです…
イメージした通りの曲ができるのはもちろん楽しいですが、制作している中で方向性が変わって違った作品が完成したり、そこで新たな発見や体験が得られるのも作曲・ものづくりの醍醐味です!
今回は初めて作曲を体験した方もいらっしゃって、「曲が完成していくプロセスを知ることができて良かったです!」と喜んでお帰りいただきました!参加いただいたお二方、ありがとうございます!!

次回のDigiland CREATORSは7/22(日)に作品鑑賞会を予定しております!各々制作した作品を参加者全員で聴いて、意見交換や情報共有をしましょう!オリジナル曲だけでなくコピーやカバー曲での参加もOKですので、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!
参加を検討されている方はサークル参加のお申し込みも合わせてお願いいたします!
詳細はコチラ↓
kyoto.shimablo.com

DTM担当・香西プロフィール

f:id:shima_c_kyoto:20160816190947j:plain
「たのしいDTM」をモットーに、毎日DTM中心の生活を送っています!バンドサウンドを作るのが得意で、ときどき自主制作でCDを作ってイベントに行ったりもします。DTMだけでなくギターやベースに関することなど、なんでもご相談ください!
連載ブログ「DTMer香西の音の鳴る箱」もよろしくお願いします!
kyoto.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.